カナダのCBC&Radio-Canada DistributionとドイツのBeta Film社が全世界に共同配給しているアニメ「仮面ハンター、アモス」の冒険の舞台となっているのは、ケベック州のカナダ人作家ブリアン・ペローが2003年から発表している「アモス・ダラゴン」小説シリーズで描いたファンタジーの世界である。「アモス・ダラゴン」は24カ国語に翻訳されており、全世界で約300万部の売り上げを達成している。

「仮面を持つ者」となった主人公アモスは、ゴルゴン、変幻自在な戦士、ドラゴン、そして漆黒の肌を持つ妖術師と共にクエストを始める。6歳~10歳の子供を対象としたこの作品は多様性の共存、男女平等や紛争解決などの問題に触れている。

仮面を持つ者、アモス・ダラゴン

本能的、理想家、聡明

質素な家庭の出身で、父親と母親をも失った孤児であるアモスは、民話にありがちなシンプルな主人公だ。

このシリーズでは、アモスは真っすぐとした瞳、ピュアな心、そして非常に優れた能力を持った14歳の少年である。鉄の意志を持っており、明晰さが最大の強味だ。弱点は、経験不足であることと、必要な時に十分に集中できず、敵に対する感情を調整することが難しく、そのためパワー仮面の力を最大限に発揮できないことである。

アモスの優れた資質を見抜いた 白い貴婦人は、アモスを「仮面を持つ者」とし、世界の平衡を守る使命を与えたのであった。

小説で経験した冒険と、そして白い貴婦人との出会いがこのアニメでのクエスト開始時のアモスを築いたのであった。彼が持つ4つの仮面は風、火、水、土の4要素のいずれかにつながっている。アモスはこの4要素の魔法の力を手に入れた上で、今度は「半仮面」を集め始める。

妖術師のロリア

合理的、実践的、論理的

孤児の少女ロリアは遥か南の民族の元王女でもある。
アニメシリーズでのロリアは13歳のティーンエイジャー。

アモスとクエストに出発するために王女の座を妹に譲ったロリアは、固定観念を覆すような強い女子キャラであると同時に、心が広く献身的な冒険者である。

彼女は魔術の様々な分野で最善を尽くし、ドゴン族から入手した小骨を利用し未来を占う。また、ロリアは夢やその隠れた意味に敏感で、他の次元で生きている霊魂や超自然的な生き物たちからのメッセージを受け取ることが出来る。彼女は時としてシャーマンの力を使ったり、ドルイド教の儀式も行ったりする。さらに、魔法薬の作り方も習得しており、錬金術とアイオルの神秘、バールの短剣についても研究している。

獣人、べオルフ・ブロマンソン

闘争的、強靭、大食漢

アモス達の中で、べオルフは最も戦闘に適している。このシリーズでは15歳の青年でアモスの親友だ。

彼は「ベオリット」(北のメタモルフ族※) 、つまり熊人間である。アモスより若干年上で、力持ちで親切である上、前向きな性格をしている。将来、彼は生まれ育った村の村長になることが決まっている。ブロマンソン一族の最後の一員として、祖先と同じく熊に変身する能力を持っている。しかし変身をうまくコントロール出来ず、恐怖を感じている時、憤慨している時…またはとても空腹の時など、窮地に陥ると熊になってしまう。巨大な体格にもかかわらずべオルフは非常に俊敏で、友人や自分の命が危ない時は恐るべき闘士となる。

(※メタモルフ:動物に姿を変えることが出来る人間。)

ゴルゴンのメドゥーサ

優れた運動能力、隠密的、予測不能

メドゥーサはアモス達の中で一番謎めいた存在。なぜならゴルゴンだからだ。このシリーズでは15歳の少女である。

メドゥーサは虫を食べる。筋骨型で毛髪は蛇。ゴルゴン独特のギョロ目で、人を見つめただけで石に変える力を持っている。それにより、他人を自分の視線から守るために特殊な眼鏡をかけている。彼女の肌は緑色で、足は網目状。腕にはモモンガが持つような皮膚があるため、素早く泳いだり空をひらひら飛ぶことが出来る。水のなかを泳ぐ姿は、さながらオリンピック選手のように見える。地上では強い足で高いジャンプをし、遠くまで飛べる。

卵から生まれた彼女は親を知らない。他人に姿を見られることが苦手なメデゥーサはこのシリーズで一番内向的なキャラクターではあるが、アモスの使命に一生懸命に力をかす。

 

白い貴婦人

創造主

白い貴婦人は世界の創造主。彼女の最大の能力は出会う生き物の運命を見通せること。アモスと出会い彼の「仮面を持つ者」としての特別な運命を見て以来、彼女はアモスと絆を深めている。

サルティガン先生

アモスの師匠

サルティガンはアモスに魔術を教えた師匠の霊魂。アモスの師匠になる前は、魔術師、ドラゴンハンター、そして仮面のスペシャリストだった。

マエルストローム

ドラゴンの子

人間慣れしている巨大なドラゴンの子マエルストロームは、忠実ではあるが、遊び好きで騒がしくもあり、理解されないティーンエイジャーならではの欠点だらけ。しかし、大切なコレクションのアイテムの整理整頓は見事である。

伝書鳩たち

そそっかしい3羽組

オッドログ、アベッラとテゥイアはそそっかしいが勇猛な鳩。彼らは「勇者の聖域」で助けを求める者から来る沢山の手紙を、アモス達に配る重要な任務を果たしている。

セト

赤い肌で蛇の顔を持ったセトは、ギリシャ神話の神テユーポーンに似ている。指は長く節くれだち、鷹のように大きな爪がついている。下半身は2本の蛇の尻尾で出来ている。彼の一番弟子である暗黒太陽は、彼が一番気に入っている手駒でもある。

暗黒太陽

魔術師

アテゥム国出身の17歳の黒エルフ魔術師。彼の髪の毛は白に近い金髪で、肌の色は濃く、耳は尖がっており、顔の肌はなめらかである… 見かけはチャーミングだが、彼は親切心を持った人物ではない…

デゥルネア

スパイ

エルフのハーフのデゥルネアはハンターであり、スパイでもあるが、得に暗黒太陽の右腕で、世界各国にいる赤帽子の軍隊を率いている。彼女の唯一の使命は、赤帽子を利用し、バランスの半仮面の在処を見つけることだ。

赤帽子たち

ゴブリン

赤帽子たちはゴブリンの一種で、トンネル作りの名人として知られている。彼らが掘った地下路の輸送網を走るワゴンを使えば世界中あらゆる場所に行ける。

ブリアン・ペローについて

作家、語り部、コメディアン、演劇の舞台監督として活動するブリアン・ペローは2003年に子供向けの小説シリーズ「アモス・ダラゴン」の最初の巻をカナダ、ケベック州で出版する。この作品は170万部の売り上げでケベック州でのベストセラーに入った。作品は24カ国語に翻訳されており、27カ国で出版されている。ブリアン・ペローは世界中で一番読まれているカナダ人作家のひとりである。2015年にフランコフォニー国際機関から、プレイアデ機関のシュバリエ勲章を授与された。

また、ブリアン・ペローは中国で翻訳されている数少ないケベック州出身の作家のひとりである。

アモスダラゴン

第1巻

12歳の賢い少年であるアモス・ダラゴンは、図らずも仮面を持つ者の新世代の最初の選ばれし者となる。熊に変身できるベオリット族出身の少年ベオルフ・ブロマッソンと共に、4要素を操る力を持ったアモスは 、伝説の生き物が住む様々な不思議な場所を訪れ、パワー仮面を探す。 


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第2巻

この新しい冒険では、アモス・ダラゴンは死者の街であるブラハにたどり着く。生き物はアクセスできないこの奇妙な場所に、自分の命を犠牲にして訪れる。この地でアモスが使える武器は知性と策略のみ。ブラハの不思議な鍵を見つけるための、長く厳しいクエストが始まる。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第3巻

ゴブリンの群れが村や街を襲い、死と絶望しか残らないまで荒らした。べリオン市も灰に変わり、遠い北では山が唸り始めた。ドラゴン族が復活する時が来たのだ。アモスとベオリット族のベオルフ・ブロマッソンは、北の道を進み、大危機に直面する。だが急がねばならない。火の怪物を倒すには、アモスはバイキング族とベオリット族を集め、大きな軍隊を築かなければならないのだ。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第4巻

オーディン神と対立した豊沃の女神のフレイヤは、敵対視しているオーディンのお気に入りの民族、ベオリット族を呪ってしまう。ベオリット族とアモス・ダラゴンは彼女を説得するために、船でフレイヤの島に向かうことを決意する。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第5巻

遠いシューメル国の偉大な司祭であるエンメルカルと、ヂュル・サルキンの王のアラタが、両国の力を合わせてエンキ神の力を奉る塔を作ることにした。母のフリヤと師匠のサルティガンを探しているアモスは、シューメル国に向かってヴォフル川での長い旅を始める。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第6巻

シューメルの神々の中で、唯一無二の神になろうと様々な策略を巡らすエンキは、地球に10の災いをもたらす。アモス・ダラゴン達はカエルの襲来、血に変化する水、そして蠅の雲が広める死病のウィルスを乗り越えなければならなくなる。その上、雹、アブ、第一子にかかる呪いにも直面する。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第7巻

地獄に閉じ込められてしまった仮面を持つ者アモスは、地獄の都市に向かって、悲しみの川アケローン、憎しみの支流スティックス、炎の川プレゲトーン、嘆きの川コーキュートス、そして忘却の小川レーテーを下る。悪魔と悪夢的な魔物達が密集している9つの地獄の都で少年アモスの運命が決められる。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第8巻

アモスは、大陸で一番高い山の天辺にある大きな街で暮らしている動物人間、イカーロ人の土地を訪ねることになる。ここで仮面を持つ者は初めて恋に落ちるが、冷静沈着でいなければばらばい。なぜなら神託のお告げ、協議の守り主の予言、そして街を脅かす陰謀が彼を狙っているからだ。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第9巻

15の王国を支配し、世界中の人型生物に対する義戦を志すバルテレミーは金羊皮を探しに旅に出る。この魔法のケープを羽織る者は透明になれるという古代からの言い伝えがあるからだ。騎士のバルテレミーは必至にそれを手に入れようとする。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第10巻

金羊皮を手に入れ無敵になったバルテレミーは騎士の軍隊を築き、大陸の征服へ乗り出す。彼の目標とは?ありとあらゆる「悪」を世界から消すこと。そのために人型生物を根絶することを志している。この敵を倒すために、アモス達はイカーロ人、バイキング、そしてベオリット族を集結し力を合わせ戦わせなければならない。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第11巻

岩に閉じ込められたアモス・ダラゴンは肉体を離れて精神の世界にアクセスする。そこにパワー仮面の統合に必要な唯一の元素、エーテルがあるのだ。一方、アモスの3人の仲間は、彼を永遠の石化から救うための方法を見つけようとする。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

第12巻

4つの要素、4つの大陸、4人の仮面を持つ者、ひとつの使命。世界の平衡を戻すこと。マエルストロームと共に、アモス・ダラゴンは風の大陸に向かって長い旅を始める。そこで、同じ仮面を持つ者である少女を救うのだ。アモスは再び不思議な生き物に出会ったり、想定外な場所に足を運ぶこととなる。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

勇者の聖域 1

仮面を持つ者アモスは、世界の平衡のために命を捧げた英雄たちが永眠する聖地を築く使命を受け取る。忠実な仲間のベオルフ、そして2人の友達、妖術師のロリアとゴルゴンのメデゥーサを頼りに出来るアモスだが、恐るべきベヒーモスとレヴィアタンと戦うことになる。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

勇者の聖域 2

ベヒーモスとレヴィアタンはアモス・ダラゴンを捕まえ、地獄の牢屋に閉じ込める任務を成し遂げるために戻ってくる。しかし更なる危機がアモスに迫っていた。べリオンの女の子を殺したと、濡れ衣を着せられる。15人の騎士の王国でのアモスの評判は急激に降下する。


本を買う オーディオブックを購入する

アモスダラゴン

勇者の聖域 3

ジュノスが正義漢の革命を鎮圧し、街の規律を戻そうとしているがベリオンは大変なことになっている。アモスの仲間たちが囚われている地獄も混沌としていた。彼らは命がけで生者の世界に戻らなければならない。アモスは白島で絶望に覆われ死んでいく。だが、光はいつも闇を払うのだ。世界の運命は、 誠実で勇ましいコリガンと妖精のハーフである「真清水のペック」の手に委ねられている。


本を買う オーディオブックを購入する

「仮面ハンター、アモス」グッズ

ただいま準備中!

アニメシリーズ

強烈なパワーを持つ伝説のアーティファクト、平衡の半仮面は遭難者を呪いにかけ、世の中の調和に乱れを生む。賢者評議会は要素に繋がっている仮面を持つ者、アモス・ダラゴンに、半仮面を取り戻し世界の平衡をもとに戻す使命を与える。

師匠のサルティガンから修行を受けたアモスは早速、不思議なゴルゴンのメドゥーサ、元気いっぱいの妖術師ロリア、ベオリット族出身の動物人間ベオルフ、ドラゴンの子マエルストローム、そしてそそっかしい3羽の伝書鳩と共に、巨大な力にあふれる遺物を取り返しに行く。

しかし、暗黒太陽と呼ばれる恐るべきエルフの魔術師が、裏切りと嫉妬の神であるセトから同じ使命を受けていた。セトの目的は集められた半仮面を元に、時間を操るパワーを持つクロノスの仮面を作り、世界を支配することである。

シリーズを視聴する (申し訳ございませんが、このコンテンツは日本では視聴不可能です。)

Zone jeunesse

仮面の迷路ゲーム (フランス語のみ)

JEUX Zone Jeunesse